爪水虫は初期症状なし(気づきにくい)に広がっていき、いつの間にか爪を濁していきます。痛くもかゆくもないから「放っておいて大丈夫!」という事ではありません。放置すると、歩けなくなる場合もあります。

 

安心の天然成分で原因菌を強力殺菌!

 

「忙しくて病院に行けない!」など、自力で爪水虫を治したい人は爪水虫対策をすると共に、安心の天然成分のセットを使ってみてください。ドクターズチョイスという世界最高品質を目指しているだけあって本当の良い製品ばかりのメーカーの爪水虫と水虫完治セットです。

 

メーカーについて詳しく知りたいなら「ドクターズチョイスとは」のページをご覧ください。

 

90日間全額返金保証

 

(リンク先は正規品のみを扱う正規販売店です。)

 

【爪水虫の原因は?】

爪水虫の原因は、白癬菌が皮膚から爪に侵入してしまうのが原因です。白癬菌はバスマットやタオルなどを介して他人から感染するのが原因ですし、白癬菌が自分の体の他の部分にいて、足の爪にも繁殖するから水虫になります。爪水虫は日本人で、10人中1人は症状が現れていると言われています。

 

[爪水虫の原因菌は?]

爪水虫の原因菌は、すでに書いたように白癬菌です。菌なので高温多湿のじめじめした場所を好みます。足や爪は、本来ならば体の中でも体温が低い場所のはずですが、足に汗をかきやすい、靴を長時間履いてるなどの理由から足が高温多湿になり、皮膚にいた白癬菌が爪に侵入しやすくなります。

 

爪は硬いので、普通なら白癬菌は繁殖しません。しかし白癬菌のエサはケラチンと呼ばれるタンパク質で、汗や垢に混じってケラチンが足先に溜まると白癬菌は繁殖し、爪と皮膚の隙間に入り込んで爪水虫になってしまうのです。そして、爪は神経が通ってないので自覚症状もなく、症状が進行していきます。

【爪水虫が悪化すると?】

爪水虫は最初だと爪に白い筋ができるだけですが、進行していくと爪が白く濁ります。そして、爪が盛り上がってポロポロと剥がれるようになります。その状態からさらに進行すると、爪はボロボロになって足に力を入れる事ができず、歩くのが困難になります。爪は足に力を入れるための部分なので、爪が不能になると足が不自由になってしまうのです。

 

さらに、水虫が他の体の部位に発症、アレルギーになって全身に発疹ができるなどのデメリットもありますし、家族に白癬菌を感染させてしまう場合もあります。そのため、自覚症状がないからと放っておくのは危険なのです。

 

[爪水虫が侵食すると最後には黒くなる]

爪水虫は最初は白っぽいだけですが、指側も侵食されていくと爪が黄色や黒などに変色していきます。黒は爪の層に隠れて青っぽく見える場合もありますし、紫にも見えます。ここまで来ると、病院で内服薬を処方してもらわないと爪水虫を治すのが難しくなります。しかし内服薬は副作用があり、下痢や腹痛、胃の不快感などが人によっては現れる場合があるので、皆が利用できる訳ではありません。

 

また、爪水虫が悪化して爪がポロポロと剥がれると、その剥がれた爪から他人に水虫を感染させてしまうため、きちんと処理しましょう。

 

【爪水虫の画像からわかる自力で治すための大切なポイント】

爪水虫が治っていく様子を画像で記してる記事がインターネットにあります。その画像では、新しく生えてくる爪に白癬菌がいなくなり、少しづつ爪が本来の姿に再生されていく様子が分かります。

 

この画像から分かるのが、水虫を自力で治すためには白癬菌を爪から徹底的に排除する事が必要不可欠という事です。処方薬に頼らなくても、浸透性が良い塗り薬を利用する、足がなるべく蒸れないようにする、家族から白癬菌をもらわないようにするなどが白癬菌を爪から追い出し、再感染しないために大事なポイントです。

 

【爪水虫は手にも出来る!】

爪水虫は足の爪にできる事が多いのですが、手の爪も足同様にできます。手の爪であっても白癬菌は皮膚に生息してしまうため、足同様に住み付いてしまうのです。ただし、手に水虫ができるのは稀なケースです。白癬菌が付いたバスマットを素手で触り、その時に皮膚に白癬菌が付き、爪にまで侵入してきたというのが発症原因です。
また、手にネイルを塗ってる人は爪が空気に触れにくく、ネイルと爪の間に水が入るなどじめじめした場所になります。白癬菌が住みやすい場所を提供してるようなものなので、手の爪水虫を隠すためにネイルを塗るのは辞めましょう。

 

 

【爪水虫の治し方・治療方法(病院・薬)】

爪水虫で病院に受診する場合、内服薬や外用薬、レーザー治療などで対処していききます。レーザー治療は美容クリニックで行うため保険適用外ですが、副作用がなくて薬だと抗真菌効果がない場合も対処できます。

 

[爪水虫に効果的な薬は?]

爪水虫に効果的な薬は、抗真菌効果がある薬です。白癬菌の働きを阻害し、殺菌効果があるものを利用します。抗真菌効果がある薬は内服薬と外用薬があり、主に利用されるのは内服薬です。

 

白癬菌は真菌であり、カビの仲間です。ウィルスや細菌も感染しますが、真菌とウィルス、細菌は構造が違います。例えば、ウィルスは細胞膜がないけども真菌は細胞膜があるなどです。構造が違うため、真菌には真菌の対策になる薬が必要です。間違っても、ウィルスや細菌対策になる薬ではありません。

 

[爪水虫の飲み薬は?]

爪水虫の飲み薬は、病院で処方される成分としてはラミシールがメジャーです。ラミシールの中のテルビナフィンが真菌に対して有効です。また、イトリゾールも飲み薬として処方され、イトリゾールの中のイトラコナゾールが有効成分です。

 

ラミシールは1日に1回の服用を6ヶ月行います。イトリゾールは1日に2回の服用を1週間行い、その後は3週間のお休みをします。これを3回繰り返し、全部で3ヶ月間の治療を行います。

 

一般的に、爪水虫を治すためには飲み薬を処方されます。

 

[爪水虫の塗り薬は?]

爪水虫には飲み薬が一般的ですが、肝臓に障害がある場合は飲み薬を服用できないため、塗り薬を処方されます。塗り薬は飲み薬よりも効果が薄いと言われていますが、最近は薬の開発により飲み薬同様に効果が高い塗り薬もあります。

 

塗り薬の場合、処方される薬はクレナフィンやルコナックです。ルコナックの方が抗菌や殺菌効果は高いです。ルコナックは爪に塗ってからも薬が広がる工夫がしてあり、さらに薬が漏れずに爪に留まる工夫もしてあります。この塗り薬と併用して、爪に小さな穴を開けて薬の浸透をさらに良くする事ができる病院もあります。また、厚くなった爪を薄くする事もできます。

 

 

【爪水虫を自力で天然成分で治す】

病院での爪水虫治療法が分かった所で、爪水虫を自力で治す方法を紹介します。病院でも爪水虫はすぐに治るものではないので、長期間も病院と付き合っていくのならば自宅で治したい!そう思いませんか?そこで、自力で治しながらも天然成分を利用して自然の力でアプローチするならば、お勧めなのがビューティーアンドヘルスリサーチから購入できる爪水虫関連商品です。

 

[爪水虫・水虫菌の殺菌なら天然成分のティーツリーオイル]

ティーツリーはオーストラリア原産で、先住民のアボリジニーは古くから傷薬として利用してきました。また、オーストラリア軍も大戦中に殺菌薬として利用していた事もあります。ティーツリーオイルが水虫に良いのは、このような高い殺菌効果や抗真菌効果からです。

 

ある大学病院では、ティーツリーオイルを患者50人に利用した所、49人の患者(水虫を含む皮膚炎や湿疹などの患者)に症状の改善が見られたと言います。

 

こういった高い効果があるにも関わらず、ティーツリーオイルは肌への刺激が少ないのがメリットであり、ティーツリーオイルをお勧めする理由です。

 

[ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット]

アメリカ発のサプリメントなどを発売してるドクターズチョイスでは、爪水虫を完治させるためのセットが発売されています。セットの内容は、ファンがソープEX、ファンガクリーム、チモールリキッドの3点です。3点を単品で購入すると1万2240円ですが、爪水虫と爪水虫完治セットのセット購入ならば1万1620円と安くなります。また、完治セットを定期購入にすると10%OFFの1万1010円です。爪水虫を撃退するには長い時間がかかるため、定期購入にすると節約できますよね。

 

口コミだと、使用して1ヶ月ぐらいで爪に透明感が出てきた、爪水虫が少しづつ良くなってきたなどの声があるので効果が期待できます。

 

[ファンガソープEXが爪水虫対策に良い理由]

完治セットの1つ、ファンガソープEXは完治セットの中でも人気が高いソープです。すべすべして気持ち良い、スッキリするなどの口コミがあります。

 

ファンガソープEXはティーツリーオイルを配合していて、白癬菌にアプローチしてくれます。爪水虫は足の水虫へと広がる場合がありますし、足の水虫から爪水虫になってしまった人もいるでしょう。ファンガソープEXは足にもできますし、シアバター配合でツルツル肌に近づきます。白癬菌は皮膚に侵入して感染するまでに24時間かかると言われるため、ファンガソープEXを使い続ければ感染をカットできるでしょう。

 

[ファンガクリームが爪水虫対策に良い理由]

ファンガソープにもティーツリーオイルが配合されています。一般的なクリームではできない真菌を殺菌する効果が期待できるため、爪水虫対策に良いのです。ティーツリーオイルに加え、ユーカリオイルやラベンダーオイル、蜜蝋(みつろう)など11の自然の成分が配合されています。臨床実験に基づいて配合された成分なので、ただのクリームではありません。

 

 

 

【爪水虫対策】

自力で爪水虫にアプローチするならば、今まで紹介した完治セットを利用しながら自分でもできる対策を練っていけば、爪水虫を撃退できる可能性は高くなります。ちょっとした工夫で回復率はぐっと上がるため、ぜひやってみましょう。

 

[爪水虫対策のための靴の殺菌方法]

水虫になりやすい人は、革靴や長靴などの通気性が悪い靴を1日中履いて過ごす人です。つまり、靴は爪水虫対策には重要なのです。

 

1日中履いた靴は高温多湿の状態なので、まずは乾かします。それから除菌スプレーを吹きかけていきます。乾かさずに除菌スプレーをかけるのはあまり効率が良くないため、乾かして菌が繁殖しにくくなったらスプレーするようにしましょう。また、洗える靴ならば洗って白癬菌を追い出すようにするのがベストです。革靴など洗えない場合は、靴の内側を拭くなどして菌を除去しましょう。

 

[爪水虫対策のための靴下]

爪に水虫対策のためには、靴下は綿素材などの通気性が良いものを選びます。5本指ソックスなどもお勧めです。

 

また、裸足だとスリッパなどを介して家族に水虫を感染させてしまう可能性があるため、爪水虫ならば靴下を家でも履いていた方が良いです。治ったら、なるべく裸足で過ごして蒸れないようにしましょう。

 

ただし、白癬菌は靴下の編み目よりも小さいので靴下を履いてれば感染させないとも言えません。

 

[爪水虫対策のための家の掃除]

爪水虫になると皮膚が厚くなり、爪がポロポロと剥がれます。その剥がれた爪は感染源になるとすでに書きましたよね。つまり、爪水虫に感染しない、させないためには家の掃除が重要です。掃除機をかけて、剥がれ落ちた爪を除去しましょう。また、白癬菌は60度ぐらいで死滅するため、スチームクリーナーをかけるのもお勧めです。

 

脱衣所は服を着脱する時に垢が落ちやすく、リビングは家族共有で長い時間を過ごす場所なので、菌に感染しやすい場所です。そのため、特に掃除したい所です。

 

[爪水虫対策のための足の洗い方・足湯]

爪水虫対策のためにファンガソープEXで足を洗うのは重要ですが、その効果をもっと高めるために足は丁寧に洗うようにします。足の指と指の間や足裏など、全体をくまなく洗います。洗い過ぎるのではなく、全部洗えたかをチェックしましょう。

 

また、帰宅したら家に白癬菌をバラまかないためにも、すぐにお風呂に入って足を洗うのが良いです。すぐにお風呂に入るのが難しいなら、足湯だけでもしておくと良いでしょう。

 

足湯ではタンパク質を溶かす成分がある重曹を利用し、爪の奥に入り込んだ菌を洗うと良いですよ。また、白癬菌は酸性に弱いという弱点を利用し、お酢をお湯の中に入れて足湯する方法もあります。

 

【爪水虫対策でやってはいけないこと】

爪水虫対策でやってはいけないのが、気を抜く事です。症状が回復してきたからクリームを塗るのを辞めよう..、面倒臭くなってきたから、靴の除菌を辞めてもいいか...など、今までやってきた事に手を抜いてしまうと、爪水虫は復活する可能性があります。白癬菌のエサはケラチンで、人間の皮膚はエサ場となり得るので油断は禁物です。

 

また、完治セットを利用していたとしてもバスマットやスリッパで新たに感染する可能性はあります。素足で歩かない、バスマットは交換するなど、こまめに対策していきましょう。爪水虫は長い期間、付き合っていかなければいけません。また、爪は新しい爪に生え変わるまで時間がかかるため、気長に症状が回復するまで待ちましょう。

 

【まとめ】

爪水虫は病院で治療するにしよ、自宅でケアしていくにしろ、回復に長い時間がかかります。長い時間がかかるのならば、どうせなら天然成分で症状を回復した方が良いと思いませんか?病院での内服薬では副作用の心配がありますが、天然成分の殺菌ならば副作用を減らして自然の力で爪水虫にアプローチできます。

 

そして、爪水虫は感染しやすいからこそ家族の水虫対策もしていきたいですよね。家族みんなで利用できる完治セットは、爪水虫になってしまった人だけでなく、爪水虫を防ぐためにもファンガソープEXで足を洗うようにするのも良いでしょう。白癬菌は24時間以内に利用すれば感染しないため、家族に爪水虫を持つ人がいれば予防のために利用していきたいですよね。

更新履歴